最高の日となったラリー洞爺から・・・

ガレージセキネンミラージュ1-2フィニッシュの快挙からラリー北海道までのあれこれ。
激闘の日々を振り返る・・・。
その2~レッキがスタート!そしてまさかの!?


 さて、無事現地に到着する事も出来て、木曜日は朝早くからレッキへ行きます。

 今回本番車はセキネンさんと同じくサービスを頼むアライモータースポーツ様に車検をお願いして、

レッキ車はカサハラ君の最近納車したばっかりのアスティ。本当はりょーたから借りる予定でしたが色々あって急遽カサハラ君のアスティを借りることに。

 そういや、前日はうちの嫁に乗ってもらってこっちは本番車で来たんだけど、ちょっと問題がありました・・・。

 高速合流で1速~4速まで加速したつもりで高速のって、ビューンって5速入れようとしたら・・・

 

 あれ、ギアが無い(;´Д`)

 

 ・・・ん??

 

 

 

 あ、今5速か・・・(爆

 

 

 と、勘違いしてしまう程のクロス具合^^;

 いや、良いんですけどね、むしろ・・・でも、初のフルクロスでの高速道路は苦痛でしかなかったです(;´Д`)

 

 レッキ1日目はDAY2のヌプリパケと、1日目の林道SS+陸別SSです。
 朝早く出たおかげもあって結構早く着く事が出来ました。
 僕らはヌプリパケの方に行ったんですが、JRC組の中でも6番目くらいでした。

 混み合うのを避けてパウセカムイの方を先に行くクルーも居たようです。

 今回僕は全くの初めてのラリー北海道なので知っている道が陸別くらいしか有りません(笑)、そんな訳で人のyoutubeインカーとか見て何となくイメージはさせてもらいましたがほぼ全てが初体験。

 まずはヌプリパケ、走ってすぐに道の広さに感動、そしてレッキしながらこれどこまで踏めばいいのさと想像すると怖くなる(汗

 パウセカムイも、まあ~スピードの乗るコースですね、そして新井さんコーナーも「あ~ここか~」と理解理解^^;

 ちなみに今回、パウセカムイなどの何個かのSSは関根さんの2013のノートをyoutubeでまる写しさせてもらってそこから自分の言葉や読み方に修正するやり方で行きました^^;おかげでちょっとだけ楽させてもらったかな^^;

 ヌプリパケとパウセカムイを2回ずつレッキして余裕を持って昼前くらいに陸別に着きました。

 昼からは陸別ロング、クンネイワ、ヤムワッカがオープンになります。

陸別ロングのレッキ時間が短いので回り方を考えなければいけないのですが、ここは経験者にって事で関根さんの動きをスネークさせてもらい、ヤムワッカについていくことに(笑

 ヤムワッカはもろ関根さんのノートまる写しなのでちょっとだけ気分が楽です(笑

 多くの人は陸別ロングの方に行ったようなのでこっちのレッキの待ちはそんなに混み合いませんでした^^;

 初!スーパー長距離のSSのレッキでしたが、セキネンさんのノートとyoutube事前学習のおかげでそれなりにイイ感じにノートを作る事が出来ました。

 その後は陸別ロングを2回走行しました。陸別ロングはターマック部分、グラベル部分と別々ではありますが地区戦で走っているのでイメージもつかめますしノートもニコイチにすれば出来ちゃうんですが、やっぱりセキネンさんの動画からまる写しです(笑

 そんなこんなで陸別2回目のスタート位置に着いた時、何となく一瞬エンジンが落ち気味になって異変をちょっと感じます。

 この時、そういえば出発前にアスティのバッテリーが弱り気味だったのでバッテリーを交換したのを思い出しました^^;

 ん~なんだろうと思いながらもフカしたら治ったのでそのまま走り、結局ゴール後も何も起きなかったので気にせずヤムワッカ2回目へ。

 2回目のヤムワッカも特別問題なくレッキは進みますが、残り2kmを切った所あたりで異変が起きます・・・。

 「あれ?」

 何故かエンジンが失火気味に・・・。

 残りちょっとしかないのでとりあえず走り切っちゃおうとなんとかアクセル踏みます。

 イグニッションコイルかな~なんて思いながら、まあ駄目でもとりあえずはレッキくらいはできるか~って思いながら走ってましたが、ヤムワッカゴール後、失火症状はさらに酷くなり、ヤムワッカ出口のバス停展開所で車はストップ・・・。

 

 マジかああぁ!!!~~~~~~(;´Д`)

 なんか1気筒死んでる感じだしまさかのエンジンブロー??

 そしてヤムワッカの出口で途方に暮れます・・・。

 

 エンジンはセル回してもちょっと初爆するけど前に進むほどじゃないし、どうにもならない・・・。

 とりあえずアラモの関口さんの連絡先を教えてもらってすぐ連絡。関根さんにも連絡するけどレッキ中で電話つながらず。

 ここでしばらく途方に暮れてた所で関口さんと連絡繋がって色々手配してもらう。

 んでもってセキネンさんから連絡来て事の経緯を話すととりあえずクンネイワ1回目終わったから今2回目行くのにそこ通るから寄るって事になる。

 そしてセキネンさん登場。

 状況確認して、すぐさま

 「クンネイワ2回目終わったら俺の車貸すからなんとか陸別セコマまで来て!」

 とのこと!そしてクンネイワ2回目へ颯爽と消えて行きました。

 セキネンさん、「漢」です!本当に感謝です。

 

 さて、そんな訳でクンネイワのレッキは何とかなりそうな感じにはなりましたが、問題は、動かない車をどうやってセコマまで持って行こうかという問題です。

 ちょっとだけ目の前のストレートが下り坂だったので、押しがけしてセル回して何とかごまかせないのかな?と思いやってみたものの、駄目。

 ん~これは誰かに牽引頼むしかないか~と思った頃にはみんなヤムワッカのレッキ終わってたわけで(;´Д`)

 とりあえず、どうしようもないので車を押してみる。車通らないかな~と淡い期待を抱きながら・・・、でも、ここは田舎、なかなか通らないんですね~(;´Д`)

 そんな時嫁がふと

 

 「女の子が車押してたらもしかしたら見かねて止まってくれるかもよ?」

 

 と言ったので、じゃあ、やってみよっかってことで・・・(笑

 

 デミさん押し出して1分もしないうちに、ちょうど通りかかったトラックが・・・

 

 ・・・

 

 しばらく行ったところで減速して止まってバックしてる!

 

 神光臨キタ━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

 

 トラックの運ちゃん「けん引ロープあるか~い?」

 

 

 うちら「もちろんで~す!!」

 

 

 いやー、九死に一生スペシャルでした(;´∀`)

 

 食品会社のトラックに牽引してもらいながらなんとか陸別セイコーマートへ。

 トラックの運ちゃんに感謝の言葉とちょっと包んで・・・って思ったら

 「お互い様だから~」ってことで受け取ってくれなかったのでコーヒー渡して別れると、セキネンさんとのりこさんが待ってました。

 「ホラ!まだ間に合うから直ぐ行って来い!」

 という訳で、レッキの紙貼って道具移動して、ノートはどうしようもないのでのりこさんのノートをお借りして、セキネンさんのレッキ車のはぎーさんのランサーで急いでクンネイワへ!

 クンネイワの入り口がイマイチ分らなかったけど多分合ってるだろうと思って行ったら正解だったので(結果、本番でミスコースするという失態を犯すのですが・・・)、TCに居るオフィシャルに事情を説明して走らせてもらいます

 約28km、噂通りの凄いコースでした。

 幸いにもセキネンさんの素晴らしいノートのおかげで大体イメージをつかむ事が出来たしレッキが出来ただけでも凄い良かったです^^;

 無事レッキを終えまた陸別セコマへ。

 陸別ではアスティの前でセキネンさんとのりこさんが待ってました。

 「なんか俺らがリタイヤしたような気分だよ」と、セキネンさん(笑

 その後はアラモから山本さんが搬送で車乗っけてこっちに向かっているとことの事で、合流して車を乗り換えたりなんだりで北愛国に戻ります。

 途中、2日目のレッキどうしよう?って問題があって、方々に連絡とってレンタカー借りるとか色々考えたりしたんですが、、セキネンさんに相談したら

 「君の車車検上がってなかったっけ??」

 

 「あ!今日車検予定だった!」

 

 で、アラモさんに連絡取ると、車検OKとのこと。

 それなら~って事で2日目は自分の本番車でレッキすることに。

 ちょうど、適当な5部山以下のラリータイヤも履いてきていたので^^;

 セキネンさんの計らいで、本番車をそのまま北愛国のSSSの入り口に持ってきてもらって、北愛国のレッキクローズ10分前に到着^^;

 おかげ様で北愛国のレッキを2回する事が出来ました!

 この件に関しては本当に方々にご迷惑をおかけしてすいませんでした。

 そして、セキネンさんには頭が下がりっぱなしです^^;

 やはりラリー北海道を何度も経験しているだけあって判断が素晴らしいです。

 僕だけだったらきっと右往左往して今日の残りのレッキは無理だったでしょう^^;

 

 のりこさんの「なんかラリー北海道っぽくなってきたね・・・。」が印象的でした。

 

 その後本番では・・・セキネンさんも僕も思いっきりラリー北海道っぽくなるんですがw

 

 PS:ちなみにアスティは後日チェックしたところ、燃料タンク内が酷く錆びてて燃料フィルター詰まってインジェクター詰まってこの様になってしまった事が判明^^;

実はしばらく乗ってなかった車でカサハラ君の納車前に燃料タンクに不具合あって交換したんだけど、その燃料タンクがあまり芳しくなかったようで^^;

皆様も中古の燃料タンクには気をつけましょう(;´Д`)

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now