これまでのラリー洞爺への参戦記

もうちょっとなんだけど、手が届きそうで、なかなか届かない・・・。
 

2012年 ARK RALLY 洞爺

JN3クラス リタイヤ(デイポイント1獲得)

p16.jpg
p16.jpg

5d36c71602.jpg
5d36c71602.jpg

461728_255650264523316_2107911390_o.jpg
461728_255650264523316_2107911390_o.jpg

p16.jpg
p16.jpg

1/9
●ギリギリまで掛かった車両製作


 前年度のJMRCオールスターラリーにてBクラス優勝と共に、来年度の全日本ラリーエントリー半額補助券をゲットする事が出来たのがきっかけで始まった僕の全日本への挑戦。

 ちょうどタイミング良く、前年にミラージュを降りる事となった福島のヱボさんからCJ4A-RSの車体を頂いていたのでそのミラージュをベースに新規に車両を作りなおしました。

 全日本レベルで勝負できるように出来る限りの補強を施した車両は、半分手弁当で作業している事も有り、出来あがったのは本番前1週間前・・・。

 それでも、今までとはかなり違う車両のフィーリングに期待を膨らませていました。

●夢のような舞台でDAY1は3位!


 迎えた本番は最初のSSで4番手を記録!

なかなかの手ごたえを感じながらも気を引き締めて持てる力を出して攻めました!

 パワー的には劣る車両ですがセキネンさんがしっかり作ったボディのおかげでコーナはバンバン踏んでいけます!

 インのインを攻めてみたり、これでもかって小技を駆使しながら走って、順位をキープした結果、初日が終わってみるとクラストップの三好選手から約5秒以内の3位という良い位置で終える事が出来ました。

 

※動画はSS7

p15.jpg
p15.jpg

p1.jpg
p1.jpg

250801_326473174107691_1729751918_n.jpg
250801_326473174107691_1729751918_n.jpg

p15.jpg
p15.jpg

1/6
●DAY2早々に悔しいリタイヤ・・・。


 2日目は上り調子という事も有り、全開アタックで勝負をかけるという意気込みで臨みましたが、自分のノートの精度の悪さから緩いと思っていたコーナーがタイトゥン形状のクイックなコーナーで、コースオフして、意地で一度は道路に戻ったものの、コントロールを失って逆側の土手にクラッシュ、アームを曲げてリタイヤとなりました。

 なお、このコーナーは翌年新井大輝君、やまけんさん、筒井選手、藤沢リーダーなど色んな人が吸い込まれていくコーナーとして有名になりました^^;

 ちなみに恥ずかしながらその時のJRCA動画にも使っていただきました。

 思い返すと、既にレッキの時点で疲れでノート製作の集中力が落ちてて、さらに本番初日の夜にノートチェックしようと思っていたものの疲れ果てて寝てしまって、事前におかしな部分を洗い出す事が出来なかったのも悔やまれます。

 良くも悪くも、全日本ラリーにおいて最高の気分と最低の気分を味わう事が出来ました^^;

 

2013年 ARK RALLY 洞爺

JN3クラス 6位入賞

IMG_0212.JPG
IMG_0212.JPG

IMG_0219.JPG
IMG_0219.JPG

IMG_0331.JPG
IMG_0331.JPG

IMG_0212.JPG
IMG_0212.JPG

1/7
●最低限の予算でリベンジを誓う


 昨年の洞爺のリタイヤから1年、なんとかして出たいと色々準備はするものの、予算の都合で最低限の準備しかできませんでした。

 エンジンはヘッドがおかしいので中古のヘッドを乗せ換えてとりあえずは走れる状態に。

 最低限の車両のメンテナンスで臨みました。

 また、今回ナビとして参加予定だった名人こと猿川氏が仕事の都合でどうしても出る事が出来なく、困った結果、急遽ぶっつけ本番で当時の彼女にナビ(今の嫁)を依頼することに!

 本番まで時間の無い中、必死にラリーのナビの練習をして臨みました。

●本番は準備不足で苦戦を強いられる・・・


 万全ではないものの腕でどうにかなれば・・・なんて思ってたのもSS1からエンジンが半ベック(ハイカムに切り替わらない)になるトラブルに見舞われ辛い戦いを強いられる。
 さらに追い打ちをかけるように1ループ目終了時点で右フロントに違和感を感じてサービスでチェックすると、ショックのブラケットがひび割れを起こしてオイルが漏れている状態…。

 抜け切ったショックで絶望感に苛まれながらも気合を込めて全力で走るのみ。

 タイムはパッとしない物の、あきらめないで全力でDAY1を走り切りました。

 最後のサービスで大門が筒井選手のスペアショックを札幌から持ってきてくれてなんとか明日は気にせずに走れる事に。

580233_4437432834531_2115314821_n.jpg
580233_4437432834531_2115314821_n.jpg

HR8A5742.jpg
HR8A5742.jpg

IMG_0333.JPG
IMG_0333.JPG

580233_4437432834531_2115314821_n.jpg
580233_4437432834531_2115314821_n.jpg

1/7
●6位完走、そしてプロポーズ・・・。


 DAY2は借りたショックのおかげで足まわりに関しては気にせずに走る事が出来たが、途中からエンジンが失火傾向に。

 やはり付け焼刃のエンジンではもたなかったようで、どんどん調子が悪くなる中、我慢の走りでなんとか入賞圏内の6位でフィニッシュする事が出来た。

 この結果はこのラリーでずっと献身的に支えてくれて、ぶっつけ本番にも関わらず素晴らしいノートリーディングをしてくれた彼女に申し訳なく、すごく悔しい気持ちで二人で泣きながらいつかこのリベンジをしようとSSゴール後に誓いました。

 その後、サービスに戻る洞爺湖畔のリエゾンで途中、車を止めてプロポーズ・・・。

 ゴール後は、嬉しさと悔しさと色んな事がごっちゃになってみんなの前で号泣してました(笑

 その後、ラリー洞爺のDAY2がたまたま7月7日だったので、キリのいい数字の日にという事で、8月8日に入籍となりました^^;

(左は14年3月22日に結婚式をやった際にヨメの友人に作ってもらった馴れ初めマンガの一部です^^;)